母乳育児支援研究所 助産師の育児アドバイス 助産師さんの案内

Q.14
6ヶ月です。離乳食を食べてくれません。おっぱいを減らすべきでしょうか。


A.14

離乳食の始め時は赤ちゃんによってそれぞれです。昭和30年はじめの離乳食の始め時は平均7.2ヶ月。はいはいを始める頃、自分から食卓に手を伸ばしてほしがるようなら始めていたようです。早い子で5ヶ月でほしがり、ゆっくりの子で1歳過ぎてやっと食べるようになったということもあります。栄養不足が気になるかと思いますが、6ヶ月いっぱいはお乳で十分栄養は足りています。

小食でおっぱいを減らした方がいいというのは、
① ママが何かしたいからおっぱいを吸わせておとなしくさせておきたい
② あやすのはしんどいからとりあえずおっぱい
③ 赤ちゃんも遊びや生活の行動と行動の間の気持ちの切り替えが上手く行かず、おっぱいで気持ちを立て直す習慣になっている。

などのように、日中も頻回に飲ませている時には、おっぱいに頼らずにできるように、工夫していくと、おっぱいを吸わせる回数が減り、お腹も減ってきて、食事を食べるようになることが多いです。



前のアドバイスへ  

助産師の育児アドバイス一覧へ


当サイトは母乳育児支援を通し、
赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を作ることを目的として誕生しました。
母乳育児の情報満載。助産師さんもお母さんも、みんな見てね。

Copyright (C) 2012 YANASE WAITCH K.K. All Rights Reserved.