母乳育児支援研究所 助産師の育児アドバイス 助産師さんの案内

Q.9
おっぱいが熱をもっています。


A.9

乳腺炎になっているかも。乳腺炎のときには、しこりの部分が紅色だったり、ママもだるくて熱がでていたり、関節が痛むなどの喉以外の風邪の症状が出ることがあります。
対処方法として、「里芋しっぷ」やきゃべつなどの青菜で冷やしながらしこりをちらしたり、熱がひどいときには「マミーホット&クール」を冷凍したものをしこりに当てて冷やします。赤ちゃんにしっかり飲ませて、食事は粗食に。牛乳や油脂物、クリーム類は絶対にだめです。よけいにつまり痛くなります。水分はとってください。できたら、早めに助産師のケアを受けましょう。早くよくなります。薬だけで治そうとしても原因となっている、乳腺のつまりがとれていないと繰り返してしまいます。



前のアドバイスへ   次のアドバイスへ


助産師の育児アドバイス一覧へ

当サイトは母乳育児を支援を通し、赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を作ることを目的として誕生しました。
母乳育児の情報満載。助産師さんもお母さんも、みんな見てね


Copyright (C) 2012 YANASE WAITCH K.K. All Rights Reserved.