母乳育児支援研究所 助産師の育児アドバイス 助産師さんの案内

Q.5
おっぱいが足りません。どうしたら、たくさん授乳できますか?


A.5

足りないというのはどういう状態でそう思われているのでしょう。ミルクを足していると、おっぱいがつくる量と赤ちゃんの飲む量が合わなくなっていきます。できるだけ、おっぱいに赤ちゃんの飲むパターンや量を教えていきたいので、ほしがるときはまず、おっぱいを吸わせ、2時間位ほしがる量のミルクを毎回ではなく、どうしてもほしがる時にあげます。
また、水分を2リットル、夏は2.5リットルくらいは飲むつもりで。食べ過ぎもおっぱいの出を悪くします。血液さらさらな食事を心がけ、乳製品や脂肪分の多い食事を控えましょう。
身体をあたため血流をよくし、上半身を動かす軽い体操などもいいです。



前のアドバイスへ   次のアドバイスへ

助産師の育児アドバイス一覧へ


当サイトは母乳育児支援を通し、
赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を作ることを目的として誕生しました。
母乳育児の情報満載。助産師さんもお母さんも、みんな見てね。

Copyright (C) 2012 YANASE WAITCH K.K. All Rights Reserved.