母乳育児支援研究所 助産師の育児アドバイス 助産師さんの案内

Q.2
30分乳首を離さず、1時間もしたら 泣いてほしがる。


A.2
1日のうちでも、午前中は間隔があいて、夕方から夜は何度も泣いてほしがる子が多いようです。夕方、ママは家事や上の子のお世話などが気になってくるので、赤ちゃんが自分に集中していないママの気持ちをさとって、何度もほしがるのかもしれませんね。また、新生児ですと、口元に何かが触れているといつまでも口が動いてしまうので、もう十分かなとママが感じたら、いったん乳首を離してみます。
おっぱいがよく出る方で、赤ちゃんも力強く飲むタイプや、ミルクを足している場合には、いっぱい飲み過ぎてお腹が張ってしまうことがあります。寝かせると、うなったり、吐いたりしますので、飲み過ぎかなと思ったら、赤ちゃんを縦に抱いて、背中を軽く下から上へなでたり、軽く背中をとんとんする「げっぷ」をさせます。
敏感タイプのお子さんは、授乳後、げっぷの為に姿勢を変えたり、ころんとベッドに寝かせると、ママと離れたと察して、また起きてしまうので、赤ちゃんはママに抱っこされていると思うように授乳後は背中をとんとんするげっぷでなく、横向きに寝かせて軽く背中をなでたり、手をタオルでくるむようにしたりして、そっと離れるようにすると落ち着かれます。
1日中1時間ごとで、いつも不機嫌そうな顔をしていたら、母乳不足を疑います。助産師に相談してみましょう。


前のアドバイスへ   次のアドバイスへ


助産師の育児アドバイス一覧へ

当サイトは母乳育児を支援を通し、赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を作ることを目的として誕生しました。
母乳育児の情報満載。助産師さんもお母さんも、みんな見てね


Copyright (C) 2012 YANASE WAITCH K.K. All Rights Reserved.